ハウスメーカーについて

ハウスメーカーの坪単価を比較

ハウスメーカーの坪単価を比較 ハウスメーカーの比較をするにあたって、坪単価で見るのは分かりやすい方法の一つです。もちろん、同じハウスメーカーであっても具体的にどのような住宅を建てるのかによって単価は異なってきますから、あくまで目安でしかありませんが、大まかなところを把握するには確かに適しています。
ごく大雑把に言えば、床面積一坪あたりの単価が30万円程度の家はローコスト住宅と呼ばれます。決して粗悪な家という意味ではなく、規格化された資材を用いたり間取りをシンプルにしたりすることで達成可能なものです。一般的には50万円を超えて60万円とか70万円といったあたりが多いでしょう。一方で、坪単価が100万円近いとか、それ以上となるとハイグレード住宅と呼ばれるようになります。ローコスト住宅の対極に位置するような住宅で、デザインや間取りについてもオーダーメイドしたり、グレードの高い設備を導入したりするとこれくらいの単価になることもあります。

坪単価の推移には注意が必要

坪単価の推移には注意が必要 新築住宅を購入する場合には、坪単価を比較することも少なくありません。これが安いほど住宅が割安に購入できると考えることも多いのですが、実際にはこれだけでは割り切れない部分もあるため十分に注意が必要です。
特にハウスメーカーが提示する坪単価の場合には、その住宅性能や周辺の環境などで変化をすることも多いため、同じ品質でも食によって安く購入することができると言うケースも少なくありません。したがって、その推移をチェックしておくことも非常に重要なポイントとなっています。
ただしハウスメーカーによっては、様々な内部事情により戦略的にその単価を引き下げると言うこともあるためこの点も注意が必要です。相場とあまりにかけ離れていたり、またその推移におかしな動きが見られる場合には、様々な問題が潜んでいる場合もあるため気をつけることが大切です。特に注文住宅の場合には様々な要素があるため相場価格があまり意識されないことも多いのですが、様々なトラブルを未然に防ぐためにもこの点は十分にチェックしておくことが重要です。