値引きしてくれる相場

値引きしてくれる相場

値引きしてくれる相場 ハウスメーカーで値引きしてくれる相場ですが、割合的にはさほど大きなものでないと考えておく必要があります。ですが、住宅の場合はそもそも絶対的な価格が高いわけですから、割合は少なくても金額は無視できないものになることは十分にあり、浮いたお金で例えば家具を充実させるといったこともできるかもしれません。
ハウスメーカーによっても、またどのような住宅かによっても異なりますが、5%前後だと思っておけば大きな相違はないと考えられます。前後2%くらいと見ておけば、結果としては3%から7%程度になるわけです。後は交渉次第となりますが、注意しなければならないのは、あまりに無茶な要求をすると建築資材のグレードを落とされたり、手抜きとまでは言わなくても細かいところにまで配慮が行き届かなかったりすることもあります。住宅は長期にわたって使うものですから、数万円とか十数万円のレベルなのであれば譲歩して相手側に気持ちよく仕事をしてもらったほうが、結果的にはプラスかもしれません。

値引きをしてくれるからくり

値引きをしてくれるからくり ハウスメーカーにもよりますが、その多くは総額の3から8%ほどの値引きをしてくれる場合があります。なお、その際の交渉は「契約直前」に行うのがおすすめです。逆に言えば、それ以外のタイミングではまず応じてもらえません。これは、契約直前の段階にいたるまでには数カ月にわたって営業マンとのやり取りを行っているのが一般的です。そのような時間をかけた案件を手放すような真似は営業マンもしたくたにためです。
一方で、その値引きのからくりの背景にはある程度その要求に応じたとしても絶対に赤字にならない値段設定がされている、というものがあります。ただ、ハウスメーカー側としてはその契約にあたって少しでも多く利益をあげたいのも事実ですが、その契約を結ぶ時期によっては利益を少し下げてでも契約をゲットしたい。そのようなタイミングも存在します。そのようなタイミングというのは、営業の目標頭数に達していないときや契約直前で他社と競合している時、3月末などの本決算期などがその代表格です。ぜひ上手にそのタイミングを狙いましょう。