ハウスメーカーについて

ハウスメーカーの坪単価とは

ハウスメーカーの坪単価とは ハウスメーカーの利用に際して知っておくべき用語に「坪単価」というものがあります。そこでここでは、ハウスメーカー利用時に知っておくべき坪単価とはどのようなものなのか、またその数字を見る時の注意点を紹介します。
そもそも坪単価とは、家を建てるとの1坪あたりの建築費用のことです。つまり、建物の本体価格を延床面積にあたる坪数で割った数値のことです。なお、1坪は約3.3平方メートルなので、家を建てる時のひとつの目安として広く参考にされている存在です。ただ、その計算にあたっては、「延床面積」ではなく「施工床面積」使ってその算出を行うハウスメーカーもあります。どちらを使うかによってその数値は大きく変わってくるので注意しましょう。
また、その数字には一般t系に屋外設備の工事費などの家の建設にあたっていわゆる「別途工事費」に分類される費用や各種税金などの「諸経費」は含まれていません。その点を理解した上でその数字を見る必要があります。

坪単価の計算方法にも注意をすることが大切

坪単価の計算方法にも注意をすることが大切 住宅を購入する際には、その価格を比較する材料として坪単価を比較することが少なくありません。この金額が安いほど割安と言う印象を受けることも多いのですが、実際にはこの計算方法はハウスメーカーで異なるため、本来は単純に比較することができないものであることを十分に理解しておくことが必要です。
一般的にはこの金額は住宅の価格をその面積で割ったものと言う理解をしている人が多いのですが、ハウスメーカーによってはその住宅の価格の中に様々な手続き費用が含まれていたり、また注文住宅の場合には設置する器具やインテリア用品等の金額が含まれていることもあるため、注意をしなければなりません。その要素を十分に把握し、違いを意識した上で比較することが、より最適な比較を行う上で重要なポイントとなります。
ただしこのほかにも延床面積の考え方がハウスメーカーで異なる場合もあるため、この点にも注意をしなければなりません。これらのポイントはなかなか素人には分かりにくいものでもあるため、坪単価はあくまでも目安の金額であると考えることが重要です。